2016年07月11日

暑いですね・・・。久々の近況報告のブログです。。

皆様、暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

メルマガもブログも、すっかりお休みになっており、すべては私の不徳の致すところで、誠に申し訳ございません・・・。

Facebookでは、たまに情報をアップしております。

ツイッターにも、たまに情報を流すのですが、イマイチ、私は、正しい使い方がわかっておらず、字数制限に根負けし、ハッシュタグやリツイートの意味も、理解できず、皆様には、ご不便をおかけしまして、誠に申し訳ございません。

今日は、特に、主だって、ご案内すべきことがある訳でもないのですが、久々の近況報告です。。

昨年の11月のパリでの同時多発テロ以来、渡欧される方が、激減し、すっかり、お客様の足も遠のいてしまいました。ですが、最近になって、少しずつですが、回復気味です。

現在は、ザルツブルク音楽祭や来シーズンの秋以降のチケットのお申込みを、多く受けております。
早い方では、来年のゴールデンウイークまで、問い合わせが来ております。

正直、このようなご時世で、キャンセル不可の海外公演のチケットを手配するタイミングは、かなり判断の難しいところです・・・。

ただ、最近、為替がどんどん円高になっているので、海外に行きたいムシが、ウズウズしてきますよね!!

弊社は、2010年6月に開業したので、もう、7年目になります。

これだけやってると、色々な事が起きます。
正直、限界を感じることも多々ございます。。

ですが、乗り越えられない壁はないんだと、不思議と思わせられる、今日この頃です。

本当にありがたいことに、こんな情勢でもご利用くださるのは、リピーターのお客様ばかりです。

感謝の言葉を、言い尽くすことができません。
これまで、私が積み重ねてきた、一つ一つの感動、感謝、喜びが、恵みとなって、今に至っているのだと、改めて痛感します。

皆様の、いつかの海外旅行における、音楽 or 舞台鑑賞の日のために、細々とでも、営業していこうと思っておりますので、是非、これからも、ムジーク・ライゼンを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

posted by 三香子 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

パリ国立オペラ座 リセールチケットのご案内 (12/15追記版)

パリでの同時多発テロを受けまして、パリ国立オペラ座のチケットのキャンセル依頼が相次ぎましたが、パリ国立オペラ座のポリシーにより、チケットはいずれも返金不可のため、以下のように、皆様へリセール販売のご案内をいたします。

パリ国立オペラ座 リセールチケットのご案内

2015/12/15 更新しました

12/29 19:30 バスティーユ ファウストの劫罰  
Optima;1枚210+10EUR 2枚連席 2階席1列目 

12/30 19:30 ガルニエ ウィールドン  
Optima;1枚140+10EUR 1枚 平土間席2列目

12/31 19:30 バスティーユ ラ・バヤデール  
Optima;1枚250EUR 平土間席11列目 3連席

※お客様がご自身で手配されたチケットです。紙のチケットとなります。

4/1 19:00 ガルニエ イオランタ&くるみ割り人形 
Optima;1枚231+15EUR 1枚のみ 1階正面ボックス席センター1列目 

以上です。

※以前掲載していた、ほぼすべてのチケットは、無事、フランス人にリセールすることができました。

この状況で、渡仏を検討される方は少ないとは思いますが、どれも非常に良いお席ばかりですので、ご興味あるお客様は、是非、お気軽にご相談ください。

弊社でのリセールは、どなたか希望者が現れた場合に、チケットを購入相当金額を上限にて、譲渡販売を仲介するものです。

よって、弊社はいかなるチケットも、買い取りは致しておりません。
買い手が現れない場合は、返金はできかねますので、ご注意ください。


チケット料金;日本円にて、売主様との交渉次第(ディスカウント可)
手配手数料;1枚3000円 ・・・売り主様へ返金
簡易書留送料;+500円


チケット料金+手配手数料or送料は、すべて銀行振込での対応となり、リセールチケットの決済に、クレジットカードはご使用いただけません。

直近公演の場合は、再印刷されたチケットの現地会場でのお受け取りとなります。チケット引換証はPDFにて送付いたします。

お問い合わせは、日程、プログラム、枚数、買取り希望金額などをご記入いただき、こちらより、お問い合わせをお願いいたします。

チケットが無駄にならないように、現地にお住いの方など、ご検討いただければと思います。

現在、海外視察中で、ご案内が遅くなりましたことをお詫びいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by 三香子 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | チケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

パリの同時多発テロに伴う、チケットのキャンセルについて

ニュースで報道されました通り、パリ市内中心地にて、現地時間の13日未明、同時多発テロが起きました。

大変沈痛な事件で、海外旅行を楽しみにされていたお客様にとっても、お心落としの事と存じます。

今回は、テロ組織により、パリ市内のコンサートホールが襲撃されたこともあり、フランス政府の通達で、今週末の14日と15日に開催予定であった、フランス国内での全会場での公演、スポーツ、イベントが、すべて中止となっております。

パリ国立オペラ座は、公式ウェブサイトにて11/14バスティーユ;「愛の妙薬」につきましては、公演中止が決定し、チケット料金全額の返金対応をすると、発表しております。

パリ観光局の情報によると、現在は、エッフェル塔、美術館など、主要な観光施設や、デパート、庭園、公共交通機関は、すべてクローズしており、街が閉鎖状態とのことです。

そのため、現在、パリを含むツアーが、一部催行中止となっており、付随する他の都市の公演も、いけなくなってしまったお客様がいらっしゃるかと存じます。

また、自己判断にて、パリを含む、すべてのご旅行の中止を、止む無くされたお客様もいらっしゃるかと存じます。

通常、チケットのキャンセルについては、主催者側が公演中止と判断した場合のみ、チケット料金全額が返金対象となりますが、主催者側が決行した公演については、お客様のツアーの催行中止、個人的なご旅行中止では、通常、チケット料金の払い戻しはございません。

但し、今回は世界的に波及する、大きなテロ事件ということで、一部の会場では、交渉次第で、満額のキャンセルを受けられる場合もございます。

正確な情報は、週明け、各チケットオフィスにキャンセル・ポリシーを確認しないとわかりかねますが、年内開催公演で、ご旅行の中止を決定し、チケットが不要となってしまったお客様は、その旨、弊社にメールでご相談ください。

返金の可否は、主催者側の判断に準じますので、一切の確約はできかねます。

また、返金対象ではなくても、主催者側で、リセール(再販売)を受け付けてくれる会場も、一部ございます。その場合、売れた場合限定となりますが、一部、リセール手数料を差し引かれ、大半のチケット料金が返金されることもございます。

但し、キャンセルが可能な場合でも、お手元に紙のチケットが届いている場合は、チケットの原本を現地に返却しないと、リセール及び、返金を受けられません。

※リセールは公演日までが有効です。公演日が過ぎましたら、いかなる返金対応も不可となります。

楽友協会、ウィーン国立歌劇場、フォルクスオーパー、ベルリンフィルは、リセールが可能です。

よって、無駄になってしまったチケットも、今後、返金が受けられる場合のために、弊社にご連絡の上、処分せずに、しばらく保管していただきますよう、お願いいたします。

主催者側の判断により、返金可能な場合は、誠にお手数おかけいたしますが、紙のチケットは、簡易書留などの追跡できる方法にて、弊社に送り返して頂くことになります。
(私事ですが、海外視察で、12/1まで、オフィスに戻りませんので、それ以降着となります。)

チケットが現地に返送されて、経理処理が終わりましたら、ご指定のカードに返金処理がされます。
銀行振込のお客様も、弊社使用カードへの返金確認が取れ次第、銀行振込でのご返金となります。

また、Eチケットにて手配のお客様の場合は、主催者側が返金対応を受け付けた場合に限り、何もせずとも、そのまま、お支払いいただきました、ご指定のカードに自動で返金されます。

現地会場お受取りとされていた場合は、チケットはそのままオフィスに戻されますので、返金対応を受け付けた場合は、そのままお待ち頂ければ、返金手続きを進め、ご指定のカードに、チケット料金が返金されます。

現在、ロイヤル・オペラハウスは、テロに伴うツアー催行中止と言う理由で、満額の返金に成功しております。
キャンセルをご希望のお客様は、迅速にご相談ください。

このテロによる、払い戻しをご希望のお客様は、個別にその旨、弊社まで、ご相談ください。都度、現地と交渉させて頂きます。

大変申し上げにくいことですが、お支払頂きました手配手数料の返金はいたしかねます。
キャンセルに伴う対応も、すべて弊社サービスの一環に含まれますので、何卒ご理解ください。

但し、次回、他のチケットを手配時に、相当金額を全額充当いたしますので、是非、またのご利用をご検討ください。

また、誠に恐れ入りますが、私自身も、15日より、ロンドン、パリへの海外視察に行くことになっており、
15日は昼から機上となりますので、連絡が繋がりません。

23日からパリへ行く予定でして、私も現地の状況を見てきます。

誠に恐れ入りますが、11/15〜12/1朝までは、電話は繋がりませんので、何卒ご理解ください。
16日以降は、メールがつながりますので、何かご質問などがございましたら、このメールにお返事ください。

せっかく楽しみにされていたご旅行が、このような緊張状態となってしまい、ご不安、もしくはお心落としの事と思いますが、今、私がお伝えできる情報はこれのみです。

パリの亡くなられた方々の冥福をお祈りし、世界中の人々の心が休まり、皆様が、また楽しくご旅行できる日を願っております。

その他、ご質問やご要望などございましたら、お気軽にご相談ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

ムジーク・ライゼン
溝口 三香子
posted by 三香子 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | チケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする