2017年10月10日

モスクワ・ボリショイ劇場「くるみ割り人形」年末年始の先行発売開始!!

最近、真面目に、仕事をしています・・・。

モスクワ、ボリショイ劇場、ボリショイ・バレエの年末年始人気公演、「くるみ割り人形」の海外居住者向け先行発売が、始まりました!

モスクワまで、やるの?って感じかと思われると思いますが、基本的に、ムジーク・ライゼンは、世界各国、どこでも、チケットが買えるところは、果敢に、手配していきます。

ボリショイ劇場の「くるみ割り人形」は、毎年恒例で、今年は、242回目のシーズンらしいです。。

戦時中も含めて、1年に1シーズン、ずっと上演されていたのか、知らないけど、少なくとも、242年前って、1775年。。それって、江戸時代。。

すごいですね。。歴史を感じます。

さて、先行発売の初日から手配したのは、初めてだったので、12/31の夜公演という、一番の難易度のチケットで、私も、ど緊張でした。。

モスクワ市民向けの、窓口での先行発売があるので、さすがに、平土間センターエリアは、すべて完売だったのですが、端や後方センターなら、ベストカテゴリーでも、手配できました。

まぁ、物は考えようですが、代理店のマージンがいっぱい乗った、法外な料金のプレミアチケットで、特等席を買うのか??

券面のベストカテゴリーで、まぁまぁ見やすい席を買って、その分、美味しい物食べたり、もう1公演、別の何かを見たりした方が、私は、コスト・パフォーマンス的には、美味しいと、いつも考えます。

余りに、視界制限があるお席とか、最上階で、ちっちゃな舞台しか見えないようなお席しかなければ、致し方ないですけれどね。。

ムジーク・ライゼンは、皆様が、汗水流して稼いだ、貴重なお金を大切にします。

なおかつ、皆様の人生を、彩り豊かにするための、一つのご提案です。


お金持ちで、金額には、糸目をつけない方には、物足りないかもしれませんが・・・。

はぁ、、でも、手配できてよかった。。

チケットを手配する度に、寿命が縮まる・・・。

弊社でのチケット手配にかかる費用は、以下の通りです。

ボリショイ劇場の年末年始公演「くるみ割り人形」(2017/12/23〜2018/1/7)

通常日: 
定価チケット:〜15,000RUB + 特別手配手数料A; 6,000円

12/31夜大晦日特別公演: 
定価チケット;〜20,000RUB + 特別手配手数料B; 9,000円


スケジュール、残席状況などは、詳しくは、お問い合わせください。

ちなみに、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場も、手配できます。

ムジーク・ライゼン




posted by 三香子 at 18:07| Comment(0) | チケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

ルツェルン祝祭管 日本ツアー 招待チケットで、初日を鑑賞&来夏の音楽祭の割引特典♪

先週金曜日の10/6、サントリーホールで行われた、ルツェルン祝祭管弦楽団&リッカルド・シャイーの来日初日公演に、なんと、幸運にも、オフィシャル・パートナーとして、スイス大使館&ルツェルン音楽祭から、無料のご招待を受け、最上席で、コンサートを鑑賞してまいりました!

ルツェルン祝祭管 来日ツアー


公演の前に、レセプション・パーティーがあり、ルツェルンでお世話になっているチケットオフィスの方とも、偶然、再会できて、久々に、親交を深めました!!

今回は、リッカルド・シャイーになって、初の遠征ツアーだったようで、オケもかなりの緊張具合で、こちらも息を呑む演奏でしたが、最後まで、パワフル、さすが、ルツェルン祝祭管!という演奏を聴かせてくれました。

そして、2018年の夏の音楽祭は、
先行手配のお座席割り当ては、2月頃となる予定のようです。

例年の12月から、だいぶ遅くなりますが、在庫状況は、同じとのことで、
お座席のクオリティは、変わらないそうなので、皆様、ご安心くださいませ。

それでも、皆様がオンラインで、お求めが可能な、一般発売は、3月なので、
正規代理店として、1か月ほど、先行発売が可能です。


そして、帰ってみたら、ちょうど、以下のような案内が、届いていました。

ルツェルン音楽祭 ボーナス特典

なんと、今年の2017年の夏の音楽祭で、沢山、チケットを手配したので、次の2018年の夏の音楽祭は、購入総額に応じて、全チケットを、定価から、3%ディスカウント価格で、手配しますよ〜!っていう、特典の案内カードでした。

2018年の音楽祭に、皆様から、もっともっと沢山のチケットを、ご注文いただければ、皆様のチケット購入総額に応じて、2019年は、最大5%まで、チケットの割引が可能とのことです!

是非、皆様のオーダーをお待ち申し上げております。

来シーズンのスケジュールが決まり次第、また、お知らせいたします。

ムジーク・ライゼン

※ブログ会社のサーバーが不安定のようなので、接続障害がありましたら、申し訳ございません。
posted by 三香子 at 17:41| Comment(0) | チケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

ミラノ・スカラ座 2017-2018シーズンのスケジュールを更新しました!

大変お待たせいたしました・・・。

ミラノ・スカラ座の2017-2018シーズンのスケジュール も、やっと完成いたしました。

公演スケジュールは、こちら より。

なんてったって、シーズン冒頭のネトレプコ出演の「アンドレア・シェニエ」が、プラチナチケットとなることは、必至でしょう。。

来シーズンは、カウフマンは、リサイタルだけのようです。


ここからは、非常に、頭がこんがらがる話です。

スカラ座の公演には、スカラ座主催公演と、スカラ座フィル主催公演の、2種類があります。

しかも、スカラ座主催公演では、コンサート公演と、オペラ&バレエ公演では、シーズンの設定期間が、ずれている。

実は、ミラノ・スカラ座のシーズン・オープニングは、
12/7、ミラノの祝日、聖アンブロジウスの日 と。決まっている。

でも、これは、いわゆる、オペラ&バレエシーズンのオープニングなのです。
オペラ&バレエ公演のシーズン設定は、12/7〜翌11月末となっています。

ちなみに、オペラ&バレエシーズン・オープニングの、12/7のチケット料金は、定価で、3000EURもする。
(以前は、2400EURだったのに、値上げされてる。。)
(しかも、ウィーンフィルのニューイヤー・コンサートの券面価格よりも、3倍くらい高い・・・。
うちの販売料金は、プレミア込だけれど、1/1は、ベストでも、券面:1090EUR。。)

たぶん、こんなチケットは、一般庶民には買えないから、ミラノや、イタリアじゅうの富裕層やVIPが集う、シーズン・プレミエなのでしょうね。。


実は、スカラ座主催公演でも、スカラ座フィル主催公演でも、
コンサート公演のシーズン設定は、9月〜翌6月。。。

ということは、毎年、春頃には、9月〜来6月までの新シーズンのコンサート公演が、オペラ&バレエの旧シーズンに、一部、追加される。。

言い方を変えると、コンサートの新シーズンには、オペラ&バレエの次のシーズン・オープニングである、12/7よりも、早くに行われる、9〜11月の秋公演が、含まれている ということなのです。

毎年、このコンサート・シーズンの秋公演の追加・更新を、私は、つい、忘れがちなのです。。。


とりあえず、スカラ座は、春頃に、9月以降のコンサートが、かなり大量に追加されるってことだけは、覚えておいてください。


しかも、スカラ座フィル主催の公演は、スカラ座のカレンダーに、載らないのよ。。。しばらくの間。。?
更に、チケットも取りづらくて、良席はほぼ取れない。。


そして、以前から謎だった、ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団と、スカラ座フィルの違いを、私は、とうとう、突き止めた。。
(前にも、このブログに、書いたかも。。)

これは、どうやら、単に、プログラムに、合唱が必要かどうかっていうことだけらしい。。


だって、スカラ座フィルで、合唱付きの公演は、皆無なのです。。


まぁ、簡単にまとめると、こんな感じです。


しかも、スカラ座は、公演日や開演時間、チケット発売日に、プログラムや、キャストまで、しょっちゅう変わるので、油断も隙もないです。。


たぶん、定価で手配できるのは、ムジーク・ライゼンだけなので、皆様の並々ならぬご期待に沿えるよう、日々、全力を尽くしております。

ですが、できましたら、チケット手配をご希望の場合は、必ず、発売日前 に、お願いいたします。

(スケジュールの更新が遅くて、何言ってんだ!というお叱りの声が。。スミマセン。。)

スカラ座の場合、オペラの平土間席前方センターは、ほぼ完売で、連席は、もはや手配不可と思ってください。

平土間後方や、ボックス席1列目が無難に取れます。
平土間前方でも、バラ席や端のお席ならば、何とかなるかもしれません。

これまで、スカラ座のチケットもも、数え切れないくらい、沢山のチケットを手配しているので、いつも、お申し込み時には、注意事項がどんどん、長くなっていくのですが・・・、

他のオペラハウスより、平土間席前方センターは、非常に、取りづらいということを、是非、覚えておいてください

そして、ボックス席後列は、視界不良で、まったく舞台が見えないということも・・・。

さらに、平土間席全席&全ボックス席1列目は、すべてベストカテゴリーだということも・・・。

他の劇場のように、第2カテゴリー以下で、マシなお座席なんて、まったくない・・・。

これが、ミラノ・スカラ座です。


ベストカテゴリーが払えなければ、見に行ってはいけないのか? と思えるぐらい、お財布に、非常に、厳しい座席割です。

最上階のガレリア席など、位置によっては、視界良好のお座席もありますが、数mごとに、柱が立っていて、どこが視界不良になるか、正確には、実際に、座ってみないとわかりません!!
(入り口も別で、下の階には、立ち入り禁止だし。。)

私はデータベースとして、スカラ座の全座席の座席ビューの写真を、持っているんですが、これが、あてにならないことも多く、低予算をご希望の場合は、ガレリア席では、眺望については、一切の確約ができません。

ご予算重視の場合は、視界不良、視界制限前提での手配 となりますので、その点、ご理解ください。

特に、スカラ座のガレリアは、発売日でも20席ぐらいしかなく、即日完売で、手配が超困難です。

そんな中でも、どっからか、マシなお席が湧いて出てきて、奇跡が起こるのが、ムジーク・ライゼンなんですがが・・・。

また、注意喚起として、スカラ座のチケットは、べらぼうな料金で販売している代理店が、多いと聞きます。

エリア未定、カテゴリー不明のチケット料金を、決して、鵜呑みにすることなく、きちんと、うちのスケジュールで、チケットの定価を確認してから、判断してくださいね。

早期確約可といって、早く手配ができるという誘惑に負ける方も、多分、いらっしゃるかもしれませんが、

基本的に、スカラ座は、私が書いている、一般発売日より前に、発売開始されることはありません。(スカラ座が発売日変更しない限り。)

もちろん、その代理店が、定期などの年間枠を持っていれば、別の話ですが・・・。


最近、思うことは、チケットは、絶対に、よっぽど信頼できる代理店から以外は、公式ルートからしか、買ってはいけません・・・。

正直、何があるかわかりませんので・・・。

ホテルのコンシェルジェなんかに頼むと、定価の3倍ぐらいする場合もあります。。


ムジーク・ライゼンのお客様は、よくご存じかと思いますが、

果報は寝て待て!

これに尽きます。。


ネトレプコ出演のアンドレア・シェニエは、既に、3組ぐらい、お申し込みが来ています。

おそらく、発売日は、ウェイティング人数3000人とかになるかな〜〜。
皆が大移動する、年末年始のヴァケーション・シーズンですしね。。

完売してから、お申し込みいただいても、キャンセル待ち必至なので、ご注意ください。

それでは、来シーズン分も、お申し込みをお待ちしております。

ムジーク・ライゼン 




posted by 三香子 at 08:32| Comment(0) | スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする