2015年05月30日

ベルリンフィル・ジルヴェスター2015 お座席割り当て開始♪

このシーズンになると、ベルリンフィルからのジルヴェスターのチケットの請求書が添付されたメールがドシドシ届きますmail tomail tomail toexclamation×2

現地の受付開始直後にどっと送った予約分のお座席リクエストは、すべて皆様のお座席をコンプリートしてました手(チョキ)。さすが!私わーい(嬉しい顔)exclamation×2と自画自賛グッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

オンライン販売であれば、座席位置が一目瞭然目で、自分で好きなお座席を選べるので、ちょっと英語などがわかれば、ご希望のお座席を簡単に買えますよねチケット

でも、事前予約などのリクエスト形式のオーダーの場合って、与えられるお座席を黙って購入していないですか目

実は、リクエスト・ベースでも、お座席の希望って上手に気持ちを込めて伝えれば、ちゃんと通るんですexclamation。 あくまでもリクエスト対応のため、確約はできないですがふらふら、ザルツブルク音楽祭でも、ルツェルン音楽祭でも、バイエルン国立歌劇場でも、ベルリンフィル・ジルヴェスターでも、チケットオフィスの方にきちんとお客様のご希望が伝わるように、シンプルに心を込めてリクエストしておりますmail toハートたち(複数ハート)

その努力も実って、ムジーク・ライゼンでは、リクエストベースであっても、お客様ご自身では決して入手できないような、ベストなお席をご提供できるようになりました手(グー)

人気公演や、手配時期が一足遅かったなどの理由で、なかなか難しい場合も実際ありますがふらふら視野の問題があったり、脚が悪いお客様、通路寄りが良いお客様、右側のコントラバスが見える、左側のヴァイオリンが見える、指揮者の表情が良く見える、3階席の最前列がよい、ピアノを弾いている手が見たいので、センター寄りちょっと左側、平土間前方、中間列、センター、ご予算の上限・・・などなど、皆様のお座席、ご予算のご要望は十人十色、様々ございますが、

なるべくお客様のご予算内で、大満足ぴかぴか(新しい)を得られるベストなお座席をお届けできるよう、日々精進しております
手(チョキ)

ムジーク・ライゼンは、お座席にはとーーっても拘ります!!かわいい

何故って、自分が過去に何回も、「あぁ〜せっかく聴くんだったら、もっといい席で観たかったな〜もうやだ〜(悲しい顔)」と悔やんだことが沢山あるからです。

舞台、音楽は、ライヴです。一期一会です黒ハート

この日、この瞬間にベルリンに居て、ベルリンフィルのジルヴェスターを観るということは一生に一度しか訪れない貴重な経験なのです有料

この楽団or劇場、指揮者、ソリストでこのプログラムを、この会場の聴衆と、あるいは同伴のご家族や恋人、ご友人などとの一体感で、その日の自分の感受性、人生観で観られる事は、もう二度とないのですひらめき

音楽や舞台って、自分の日頃の感性や環境などのフィルターを通して、見ているんです。サーチ(調べる)
なので、同じ音楽を聴いても、同じ舞台を観ても、歳ととともに感じ方っって変わりますよね?目

日本のサントリーホールでやっていて、首都圏近郊に住んでいるのであれば、また来れる日も来るかもしれませんし、失望感もそんなに大きくはないかもしれませんふらふら

ですが、わざわざベルリンまで、会社を休んで、お金有料と時間飛行機をいっぱいかけて、お気に入りの指揮者、お気に入りのプログラム、憧れのフィルハーモニーるんるん・・・と心躍らせて行ってみたら、最悪なお座席で、がっかりもうやだ〜(悲しい顔)・・・というのは、チケット手配のエージェントとしては、決してやってはいけないことです爆弾

どうしても入手が難しくて良いお席が手配できない場合は、事前に承諾を得る必要がありますexclamation
「このお座席ならば手配できますが、視界制限があるお席ですが(or かなり舞台から遠いですが or 舞台の裏側から見るお席となりますが)、どうされますか?あせあせ(飛び散る汗)」と。。

お客様が、「それでも欲しいです、中に入れるだけでも良いですぴかぴか(新しい)!」と言われれば、現地でも覚悟がありますので、そこまでの後悔や失望はなく、垣間見れるだけでも、喜びでいっぱいのはずですぴかぴか(新しい)

このように、お客様のニーズを探求し、応えていくということが、この仕事の最もやり甲斐を感じるところです手(チョキ)

お客様にその公演を十分にご満足頂きわーい(嬉しい顔)、感動して一生の思い出に残るような、ファンタスティックな体験ハートたち(複数ハート)となり、最終的には、人生の糧となっていくぐらい、幸せを感じて欲しいのでするんるん

チケットチケットは、ただの日時限定の紙切れではないのです。
そのチケットには、夢や興奮、憧れ、感動、生きる喜び・・・
色々な素敵な物が詰まっていますプレゼント
まるで、感動の扉を開く鍵のようなものパスワードなのです。


なので、例えお客様が「良席なら何でもいいです。」って仰っても、お座席が割り当てられた後に、もしくは、現地で鑑賞後に「もっと○○の方が良かったです。。」って後悔されないよう、お客様の潜在的なお座席のご希望を、事前に念入りにしっかりコンサルティングします手(グー)

第1カテゴリーのいずれか確約で、変更不可exclamation×2
リクエストも不可exclamation×2
なんて雑な手配はしませんよひらめき


まぁ、システム上、いろいろ制約のある場合もございますが、それでも、できる限り、しつこくお座席のリクエストは送り続けますパンチ。その熱意が通じて、ご希望に一番近いお席が手配できるのです手(チョキ)ひらめき

チケット手配はコミュニケーションです耳
一方的な手配では、ご満足のいくお席は手配できないですよexclamation

と私は常日頃より、思っておりますひらめき

まさにチケット・コンシェルジェですね。。スペード
熱く語りましたが、そんな想いでチケットを手配しておりますたらーっ(汗)

という訳で、今後ともどうぞよろしくお願いいたしまするんるん

posted by MusikReisen at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三浦様の思い、依頼側からすると感服の一言です。過去2回のオーダー共、希望した席そのものを確保して頂き感謝しています。又、『一期一会』についても同感です。私は年間35回前後聴きに行きますが、チケットを手にした時からわくわくした気分になります。この意味でウィーン 楽友協会主催のチケットが現地でしか受け取れないのは残念ですね。素晴らしい演奏を聴いた後の感動は『心の宝』として一生残ります。これからも時間が許す限り聴き続けたいと思います。またチケット依頼する時は宜しくお願い致します。
Posted by 斉川良興 at 2015年09月03日 10:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック