2017年04月01日

ミュンヘン・オペラ・フェスティバル全制覇〜!

今朝、アップしたばかりですが、

本日は、ミュンヘン・オペラ・フェスティバルのチケット発売日。。


私の心配と不安を他所に・・・、

すべて、お客様のご希望のお座席にて、手配が出来ました〜〜!!

超入手困難の、カウフマン出演のアンドレア・シェニエと、
フォークト出演のタンホイザーまでも、席を選べたなんて!!


本当に、奇跡的。。神様、ありがとうございました。


発売開始直後、フタを開けてみると、ほんと、数えるほどしか、残席がない。。

それでも、もちろん、お客様のリクエストに近付けるべく、寄せていきましたよ。。

でも、これ以上は、無理だ。。というラインで、手を打ちました。。
元々のパイが少ないので、あまり贅沢過ぎるのも、禁物です。


カード決済がうまくいかなくて、一瞬、タンホイザーが消えたときは、息が止まるかと思ったけど、冷静に選び直せば、また、同じ席が戻ってきた。

やはり、奇跡は起こるというか、不可能って、ないのね〜〜。

実は、こうゆう難しいチケットは、2枚を取るのが、一番大変です。

基本、カテゴリー×枚数では、連席しか取れない。

すっと、うまく連席が取れれば、楽勝なんだけれど、ちょっと出遅れると、もう、連席がなくなる。。

すると、「あなたの選んだカテゴリーでは、連席不可のため、選択不可能です」的な、エラー頻発で、本当に、気が狂いそうになる・・・。


(もちろん、ドイツ語だけれど)

だからといって、バラ席で取ることは、もっと大変なのです!!

アクセス多数で、動きの鈍い座席表での、1席ずつ選ばなくてはならない。。

もちろん、僅少な残席の争奪戦なので、

「その席は、もう売れました」エラーが、重なると、
それはそれで、焦るし、血の気が引くし、更に、気が狂います


それでも、スキルを駆使して、最終的には、連席取るんですけどね・・・。

はぁ・・・。

とりあえず、私は、肩の荷が下りました。。

あとは、4/8発売開始の、ご予約が重なる、
6/8 フォークト出演のタンホイザー を待つのみ・・・。

3月末から4月上旬にかけて、楽友協会のウィーン音楽週間と、ザルツブルク音楽祭、
ロイヤル・オペラハウスの夏シーズン、スカラ座、シュトゥットガルト州立劇場、
ミュンヘン・オペラ・フェスティバル+バイエルンの5〜6月の人気公演・・・。


毎夕毎晩、発売日が目白押しで、私の手配の佳境です。

でも、峠は越えた気がする。。

と思っていたら、

バイエルン国立歌劇場の5/28 完売でキャンセル待ちしていた、
タンホイザーのチケットまで、運よく手配に成功!!


お客様の期待通り、きちんと舞台が見える連席で、
しかも第2カテゴリー、平土間センターの良いお席!!


ミュンヘン・オペラ・フェスティバルの手配成功の陰でも、
決して、キャンセル待ちのチケットを忘れない、執念の私。。

そして、やっぱり、チケットは湧いて出てきた・・・。!!


やはり、諦めない心に・・・、信念を持つ心に、不可能はない。。

そう悟った、今日の私でした。。

とりあえず、ものすごい集中と解放が、毎日毎夜、続くので、
きっと、私の心臓寿命は、短そうです。。

でも、皆様のチケットのために、長生きせねば。。と思います。

以上、結果報告でした〜〜。

ムジーク・ライゼン





posted by 三香子 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック