2017年10月03日

ミラノ・スカラ座 2017-2018シーズンのスケジュールを更新しました!

大変お待たせいたしました・・・。

ミラノ・スカラ座の2017-2018シーズンのスケジュール も、やっと完成いたしました。

公演スケジュールは、こちら より。

なんてったって、シーズン冒頭のネトレプコ出演の「アンドレア・シェニエ」が、プラチナチケットとなることは、必至でしょう。。

来シーズンは、カウフマンは、リサイタルだけのようです。


ここからは、非常に、頭がこんがらがる話です。

スカラ座の公演には、スカラ座主催公演と、スカラ座フィル主催公演の、2種類があります。

しかも、スカラ座主催公演では、コンサート公演と、オペラ&バレエ公演では、シーズンの設定期間が、ずれている。

実は、ミラノ・スカラ座のシーズン・オープニングは、
12/7、ミラノの祝日、聖アンブロジウスの日 と。決まっている。

でも、これは、いわゆる、オペラ&バレエシーズンのオープニングなのです。
オペラ&バレエ公演のシーズン設定は、12/7〜翌11月末となっています。

ちなみに、オペラ&バレエシーズン・オープニングの、12/7のチケット料金は、定価で、3000EURもする。
(以前は、2400EURだったのに、値上げされてる。。)
(しかも、ウィーンフィルのニューイヤー・コンサートの券面価格よりも、3倍くらい高い・・・。
うちの販売料金は、プレミア込だけれど、1/1は、ベストでも、券面:1090EUR。。)

たぶん、こんなチケットは、一般庶民には買えないから、ミラノや、イタリアじゅうの富裕層やVIPが集う、シーズン・プレミエなのでしょうね。。


実は、スカラ座主催公演でも、スカラ座フィル主催公演でも、
コンサート公演のシーズン設定は、9月〜翌6月。。。

ということは、毎年、春頃には、9月〜来6月までの新シーズンのコンサート公演が、オペラ&バレエの旧シーズンに、一部、追加される。。

言い方を変えると、コンサートの新シーズンには、オペラ&バレエの次のシーズン・オープニングである、12/7よりも、早くに行われる、9〜11月の秋公演が、含まれている ということなのです。

毎年、このコンサート・シーズンの秋公演の追加・更新を、私は、つい、忘れがちなのです。。。


とりあえず、スカラ座は、春頃に、9月以降のコンサートが、かなり大量に追加されるってことだけは、覚えておいてください。


しかも、スカラ座フィル主催の公演は、スカラ座のカレンダーに、載らないのよ。。。しばらくの間。。?
更に、チケットも取りづらくて、良席はほぼ取れない。。


そして、以前から謎だった、ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団と、スカラ座フィルの違いを、私は、とうとう、突き止めた。。
(前にも、このブログに、書いたかも。。)

これは、どうやら、単に、プログラムに、合唱が必要かどうかっていうことだけらしい。。


だって、スカラ座フィルで、合唱付きの公演は、皆無なのです。。


まぁ、簡単にまとめると、こんな感じです。


しかも、スカラ座は、公演日や開演時間、チケット発売日に、プログラムや、キャストまで、しょっちゅう変わるので、油断も隙もないです。。


たぶん、定価で手配できるのは、ムジーク・ライゼンだけなので、皆様の並々ならぬご期待に沿えるよう、日々、全力を尽くしております。

ですが、できましたら、チケット手配をご希望の場合は、必ず、発売日前 に、お願いいたします。

(スケジュールの更新が遅くて、何言ってんだ!というお叱りの声が。。スミマセン。。)

スカラ座の場合、オペラの平土間席前方センターは、ほぼ完売で、連席は、もはや手配不可と思ってください。

平土間後方や、ボックス席1列目が無難に取れます。
平土間前方でも、バラ席や端のお席ならば、何とかなるかもしれません。

これまで、スカラ座のチケットもも、数え切れないくらい、沢山のチケットを手配しているので、いつも、お申し込み時には、注意事項がどんどん、長くなっていくのですが・・・、

他のオペラハウスより、平土間席前方センターは、非常に、取りづらいということを、是非、覚えておいてください

そして、ボックス席後列は、視界不良で、まったく舞台が見えないということも・・・。

さらに、平土間席全席&全ボックス席1列目は、すべてベストカテゴリーだということも・・・。

他の劇場のように、第2カテゴリー以下で、マシなお座席なんて、まったくない・・・。

これが、ミラノ・スカラ座です。


ベストカテゴリーが払えなければ、見に行ってはいけないのか? と思えるぐらい、お財布に、非常に、厳しい座席割です。

最上階のガレリア席など、位置によっては、視界良好のお座席もありますが、数mごとに、柱が立っていて、どこが視界不良になるか、正確には、実際に、座ってみないとわかりません!!
(入り口も別で、下の階には、立ち入り禁止だし。。)

私はデータベースとして、スカラ座の全座席の座席ビューの写真を、持っているんですが、これが、あてにならないことも多く、低予算をご希望の場合は、ガレリア席では、眺望については、一切の確約ができません。

ご予算重視の場合は、視界不良、視界制限前提での手配 となりますので、その点、ご理解ください。

特に、スカラ座のガレリアは、発売日でも20席ぐらいしかなく、即日完売で、手配が超困難です。

そんな中でも、どっからか、マシなお席が湧いて出てきて、奇跡が起こるのが、ムジーク・ライゼンなんですがが・・・。

また、注意喚起として、スカラ座のチケットは、べらぼうな料金で販売している代理店が、多いと聞きます。

エリア未定、カテゴリー不明のチケット料金を、決して、鵜呑みにすることなく、きちんと、うちのスケジュールで、チケットの定価を確認してから、判断してくださいね。

早期確約可といって、早く手配ができるという誘惑に負ける方も、多分、いらっしゃるかもしれませんが、

基本的に、スカラ座は、私が書いている、一般発売日より前に、発売開始されることはありません。(スカラ座が発売日変更しない限り。)

もちろん、その代理店が、定期などの年間枠を持っていれば、別の話ですが・・・。


最近、思うことは、チケットは、絶対に、よっぽど信頼できる代理店から以外は、公式ルートからしか、買ってはいけません・・・。

正直、何があるかわかりませんので・・・。

ホテルのコンシェルジェなんかに頼むと、定価の3倍ぐらいする場合もあります。。


ムジーク・ライゼンのお客様は、よくご存じかと思いますが、

果報は寝て待て!

これに尽きます。。


ネトレプコ出演のアンドレア・シェニエは、既に、3組ぐらい、お申し込みが来ています。

おそらく、発売日は、ウェイティング人数3000人とかになるかな〜〜。
皆が大移動する、年末年始のヴァケーション・シーズンですしね。。

完売してから、お申し込みいただいても、キャンセル待ち必至なので、ご注意ください。

それでは、来シーズン分も、お申し込みをお待ちしております。

ムジーク・ライゼン 




posted by 三香子 at 08:32| Comment(0) | スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。