パリオペの来シーズンのチケット発売が始まり、所信表明というか、通達事項?!

5/31から、パリ国立オペラ座の来シーズンのチケットが、全チケット一斉発売開始しました。。

10月のカウフマンとガランチャが出るドン・カルロが、発売開始と当時に、ものすごい速さで、チケットが売れていき、焦りました。。(@_@)!!!!

今まで、パリは、割と穴場で、ネトレプコも、カウフマンも、発売から数か月は、結構、在庫が残っていたのに・・・。

とうとうパリにまでやってきた、カウフマン旋風・・・。

でも、ほぼ取れたから良しとしよう。。

そうそう、

ムジーク・ライゼンって、2010年の6月開業なので、
なんと、今月で8年目に突入したんです!
(計算合ってますよね?)

ムジーク・ライゼンは、日本で初めてのクラシック特化のチケット専門代理店 なので、
クラシックファンの方々は、きっと、すごく驚かれましたよね?

今までは、旅行代理店などで、定価で、たった、200EURのチケットを、5万、6万払って買われていた方には、寝耳に水っていう感じでした。。

すごくセンセーショナルなデビューでしたが、色々ありました・・・。

パリ同時多発テロの前までは、パリ国立オペラ座が、売上の6割ぐらい占めていたので、本当に、2015年の12月から、地獄のような、悲惨な状況でした~~。。(泣)

でも、テロが起ころうと、大地震が起ころうと、アイスランドの火山が爆発して、欧州系の空港が全閉鎖になろうと(そんな頃もあった。。)、リピーターの皆様は何のその、半年先、1年先のチケットを、普通に、申し込んでくださるんですよね。。

本当に、本当に、ありがたいことです!!

この苦しい1年半ぐらい、リピーターのお客様に支えていただきました。

この場を使って、心の底より、感謝の意をお伝えしたいです。


そして、この世は、もう、インターネットと、クレジットカードと、多少の語学ができれば、誰でもチケットが買える時代です・・・。

開業当初は、全くなかったのに、ネットの海外系のオンライン販売サービスも、色々、乱立してきまして。。

不安に感じることも多かったのですが、

「ムジーク・ライゼンに、ライバルなんて、いない!」
「ムジーク・ライゼンは、一強体制だ!」
「定価+手配手数料報酬なんて、良心的、明朗会計だ!」
「困ったときの、ムジーク・ライゼン頼み・・」
 

などと、お馴染みのお客様に、太鼓判を押していただけた時は、私としては、正直、ものすごく励まされ、非常に勇気づけられ、これからも命の続く限り、頑張ろう!って、その度に、心に誓ってきました。

でも、近頃、お客様の中には、困った事件が多く・・・。

外国資本だけれど、日本語表示されているような、ネット上のチケット販売店 

を利用され、トラブルに見舞われる方が、よくいらっしゃいます。

どうやら、劇場の公式サイトだと勘違いされ、もしくは、在庫アリや、安さに惹かれ、ご自身で購入されるんですね・・・。

でも、チケットが届かない、連絡がつかない。。
そうして、困り果てて、泣きを入れてこられるんですね・・・。

お気持ちはわかりますよ~~~。。

でも、私も、慈善事業ではないんですよ。。

他のサイトを使って、ご自身で買われたチケットまでは、誠に申し訳ございませんが、面倒見切れません。。

確かに、誰でもチケットが買える時代にはなりましたが、

そのサイトが、一体、どこの国の、どこの組織に繋がっているのか?
チケットはどのような形で、手に入るのか?
座席番号は、いつわかるのか?
トラブルがあったときは、どこへ問い合わせるのか?
日本語対応しているのか?


そんな点を、よく見極められないなら、絶対に、購入されないでください。

そして、カード情報を入力したら、もう買ったものだ(= 騙されてもしかたない)と思うことです。

なかには、摩訶不思議現象ですが、ムジーク・ライゼンに申し込んで来る前に、他のサイトで、セルフ購入処理をされていて(カード情報も入力済み!)、そちらの連絡事項やトラブルを、私の手配と勘違いして、転送してこられる方も多いです。

私は、ムジーク・ライゼンで手配される前に、どこで何を買われたなんて、知りません。
どこのサイトから、いつ、何を買ったのか、その管理ぐらい、ご自身で、しっかりするべきです!!


そして、ご自身で、チケットを買われるのであれば、
カード情報を入力するというのは、決死の覚悟を持ってください!!
絶対に購入する!! という、意志表示なのです!


Amazonや楽天は、キャンセルを受け付けてはくれますが、
チケットは、キャンセル不可 なのです!

セルフ手配の場合は、最後の最後の手配まで、全責任を請け負ってください!
そして、絶対に、重複手配はしないでください!!

現地から連絡が来なくても、チケットについて、何の説明が届かなくても、

カード情報入れたら、もうそれは、正式確約です!!
オンラインで完結する代理店は、もはや、キャンセルなんてできず、既に、決済処理は終わっています!


それで、メールが来ない、チケットが受け取れない、座席番号がわからない・・・。
メールしても返事がない、電話したら英語で、トラブルを解決できない・・・。


それらのすべてに、ご自身で対応できないような状況で、放ったらかしで、
ムジーク・ライゼンに、二重で、申し込んでこないでください!


そして、そのスキルで、ご自身でチケットを手配されるのは、ものすご~く危険です。
まるで、異国の地で、行先のわからないバスに、地図ももたず、乗ったようなものです。

確かに、誰でもチケットを買える時代になりましたが、
是非とも、ムジーク・ライゼンを推奨したいお客様は、以下です。

・ 劇場や楽団の公式販売サイトが、どこかよくわからない。
いったい、どこの情報が正しいか、よくわからない。英語に自信がない。
フランス語、イタリア語、ドイツ語オンリーになったら、訳が分からない。。


⇒ これは、論外です。まるで、騙されに行っているようなものです。
情報の精査は、交渉能力は、すべて自己管理です!!



・ 発売日に、少しでも良い席を買いたい。また、アクセスビジーで、サーバー炎上になったとき、もしくは、ウェイティングルーム制になった際の、手配方法を知っている。

⇒ 発売日の争奪戦は、ものすごい速さです。数分単位の時間制限の中で、希望席を購入できるのか?これには、ものすごいスキルと集中力を要します。
特に、人気歌手、人気プログラムの公演では、炎上&ウェイティングルームは、必須条件です。いきなり真っ白な画面になって慌て、2000人待ちとかで、何時間も待たされて、やっと中に入ったら、座席表は空っぽというのは、ザラにあることです。。


諦めずに、座席を確保できるだけのスキルがある方は、何ら問題ございません。でも、完売後に泣きついてお申し込みになるのでしたら、なるべく、発売前から事前に申し込んでいただいた方が、良席を早く手配できます。完売後に、ギリギリまで、キャンセル待ちせして、お互いにテンパらずに済みます。頼む所と、自力でできる所の見定めが肝心です。

・ 現地からチケットが届かない、忘れた、紛失した、
・ Eチケットやバウチャーが届かない、ダウンロードできない、
  保存し忘れた、紛失した、忘れてしまった、
・ 稀に、飛行機でロストバゲージになってしまい、チケットが届かない・・。
  
  でも、そんな緊急時の対処方法が、まったくわからない!


⇒ 現地問合せして、再発行、再発券は、お安い御用です。一旦買ったチケットは、何があっても、絶対に、すべて私達のものです。

とりあえず、絶対、チケット類は、パスポート同様、手荷物です!!


・ 冠婚葬祭、ご家族やご自身の病気入院など、突然のご旅行キャンセルが決まり、できれば、チケットをリセールに出したいが、やり方がわからない。

⇒ 公式ルートにて、劇場側へキャンセルを申し出て、満額リファンドを獲得した経験は、山ほどあります。10万超えとか、ザラです。素人には、かなり敷居が高いです。。


・ 購入時に、エラーや操作ミスで、カードが重複決済され、取り消してもらいたい。

⇒ 重複決済は、すべて取り消せます。自己責任の操作ミスも、テクニック一つで、温情措置で、取り消してもらえる場合がございます。何でも、交渉次第です!!


・ 急遽、ストライキなどで、公演中止となった場合に、どうやって、返金処理を受けたらいいか、わからない。

⇒ イタリアは特に多いですが、そういう緊急時の一次情報は、すべてイタリア語だったりして、かなり焦ると思われますが、私には何度も経験がございます。主催者側から、事前に通達があれば、お客様の渡航先の携帯やメールアドレスへご連絡し、対応方法をご案内することもあります。


・ 人気公演のチケットを、いち早く、先行手配したい。

⇒ パリ国立オペラ座とか、ベルリンフィル・ジルヴェスター、ルツェルン音楽祭など、代理店経由の先行販売は、ほぼ定価で、一般発売よりも、かなり先に良席が手配が出来て、非常にお買い得です。


・ 完売のチケットを、何とか、手配したい。

⇒ 完売したチケットでも、コツと情熱とコネがあれば、ほぼ入手が可能です。騙されたと思って、信じてみてください。もちろん、確約はできかねますが・・・。


・ リクエストフォーム式のオーダーで、座席やカテゴリー未定の手配でも、カテゴリーや座席、日程条件に、具体的な希望を添えて、思い通りの席が欲しい。

ただ、枚数とカテゴリーの選択肢のみで、オーダーする場合、どの席が割り当てられるのか、ものすごく、不安じゃないですか?でも、カード番号入れて入手できたら、すべて買取り必須ですよ?その覚悟がおありでしたら、セルフ手配で、何ら問題ございません。

⇒ そんな場合でも、別途、現地のチケットオフィスへ、お客様毎、公演毎に、座席エリアや、予算、日程の選択など、細かく指定すれば、精度の高いリクエストができます。

過去の例でも、通路側、左右など、エリアの限定条件、第一希望の残席状況に応じた、日程の組み合わせ条件の設定など、事細かなご希望も、ほぼ、リクエスト通りのチケットを入手してきています。

これは、正しく希望を伝える語学力も重要ですが、現地のスタッフとの綿密なコミュニケーションと、長年のコネと信頼関係が必須です。


そんなところかしら?

上記がすべて、自信もってできる方のみ、セルフ手配を推奨いたします。

そして、他の数多あるライバル客よりも、自分の希望や意志を通すだけの熱意と語学力、ウェブスキルがあれば、パーフェクトです!!

あと、これだけは、絶対にお伝えしておきたいのですが、

ご自身の情報、スキルに自信がない方は、私にその情報の真偽、方法を、
絶対に、問い合わせてこないでください。


情報は、すべて有料です!!
ただで、手に入る情報なんて、どこにもないのです!!


情報は、長年の経験と人脈から、私が培ってきた、ムジーク・ライゼンの財産 です。
このスキルのみで、私は食べているのです。

そんな、私の宝である、貴重な情報を、何故ゆえに、見も知らぬ方に、教えなければならないのでしょうか?

例えるなら、レストランに行って、注文もせず、ふらっと、シェフに、
「レシピ教えてくださいよ~。」って言ってるのと、まったく同じだっていうことに、気付いてください!!!
 

レシピ教えてもらうには、かなりの信頼関係が必要ですよね?

それと同じです!!  そして、

私の情報を、逐一、疑ってくる方、
いちいち、文句が絶えない方・・・。
こちらのやり方に、いちいち、細かい注文を付けてくる方・・・。


そんなに信用ならないなら、自分で取ればいいんです!!
他に、ご自信が納得、満足いく代理店で、取ってもらえばいいんです!!

私には、長年の、私なりの手配方法、オーダー管理方法があるのです。
お客様の顧客Noとか、アカウント情報なんて、まったく不要なのです!
くれぐれも、公私の棲み分けは、徹底してください!

いちいちレストランに、馴染みの調味料や食材の仕入れ先まで、指定しないですよね??

モチは餅屋であり、一旦、オーダーしたら、すべてを任せるのが、マナーです。

残念ながら、私の神経を逆撫でしてこられる方、
私を、絶対的に、信用されない方のチケットは、もはや取れません。。

それこそ、長い長~いトラブルの序章に過ぎないのです。

トラブルを未然に防ぐのは、双方のために、ベストな解決法です!

そして、これが一番多くて、私が、最も、憤っていること!!

入手困難なチケットの、重複手配を、堂々と宣言してくる方!!

「私も同時に、発売日にトライします。。」

もしくは、

「同時に、他のルートでも手配しています。。」

悪質な場合は、発売日に、
「手配出来たら、すぐに電話してください。」と、平気で言ってくる方・・・。


その理由は、自分で手配できる席と比べて、お得な方を、選びたいからです。

もし、自分の方が良い席なら、手配手数料が無駄なので、私の手配をキャンセルしたいと、どこかで、考えているのです。

そんなの、信じられないと思われるでしょうが、しょっちゅうです!!

だいたい、自分で手配した方が、良い席を取れると思われていることに、
私のプライドがた落ちです!私に、ケンカ売ってるのと同じだってことです!!


誠に申し訳ございませんが、そんなお客様は、今後一切、出入り禁止です!
すべて、手配トラブルの元凶です!!!


更にもっと、信じられないことに・・・

カード情報入れて、オーダー完了してるのに・・・。
カードのギャランティーで、キャンセル待ちを開始してるにもかかわらず、


「今、自分で公式サイトのオンラインを見たら、在庫があったので、オーダーをキャンセルできますか~?」

とか、

「同時に、他のルートでも探しているのですが、重複手配となっても、必ず、購入します!」

とか、シレ~っとおっしゃる方。。

この件は、最近、頻発していて、一度、皆様に、告知したいと思っていたところです!!

このセリフに、私は、ものすご~く、矛盾を感じます!!

一旦、正式にオーダーしたなら、
オンラインの公式在庫を、わざわざチェックする必要があるのか?


そして、
重複手配で、必ず買う気があるのであれば、私にそれを伝える必要あるのか??
黙って、重複しても、うちのチケットも、暗黙で、買い取ればいいのではないか?


このセリフの裏には、

「万が一、自分で、他で手配出来たら、それって、キャンセルしてもらえるよね?」っていう、陰の意図が、透けて見えているのです・・・。

だって、既に、欲しいチケットを入手できてる人に、重複でチケットを買わせるなんて、何だか、私が悪い人みたいじゃないですか?

それに、劇場やホールの収容人数、席数は決まっているんですよ??!
重複したチケットを売りつけても、誰にもメリットないんですよ。。

でも、私は、手配手数料分の仕事をしたのです!!

更に、チケットオフィスの方々へは、ウェイティングリストに載せたオーダーを、
不快な思いをさせて、すべて取り消してもらい、

更にさらに、万が一、入れ違いで、チケットが入手できていたならば、
お詫びと理由を伝えて、キャンセルしなければならず・・・。

すべて、今後の信用問題に関わります!


そして、そんなことを繰り返していたら、

将来やってくる、ムジーク・ライゼン一筋に懸けてこられる、
他の善良なお客様のチケットを、融通してもらえなくなるのです!!


だいたい、私やチケットオフィスの方が、どうして、必死にチケットを探してきたのか?

それは、誰でもない、あなたのためではないのですか??

その想像力が欠けている方が増えてきて、本当に残念、極まりないです。

そして、私は、情けは人の為ならず・・・ではないですが、

利己的に、自分の利益最優先で、平気で、チケットの重複手配をかける人は、いつか、バチが当たります!


チケットを無駄遣いする人の所には、いつか、本当に自分が欲しいチケットを入手したいときに、絶対に、チケットはやってこない。。

私は、そう強く思います!!

チケットの神様への、冒涜です!!

チケットは、ゲーム機やiPhoneみたいに、いくらでも量産できないんですよ。。
座席数は決まっている訳です。
発行枚数も決められていて、公演日という、有効期限まで、ある訳ですよ!!

1人で買い占めて、見定めして、余ったら、現地で誰かに売ろうなんて、浅はかで、独り善がりな考えは、今すぐにでも、止めていただきたい!!

そういう人がいるから、本当に欲しい人に、チケットが届かないんです!!

「次は、あなたの番になる」っていう、想像力というか、自覚がないんですかね・・・。


チケットは、有限資源です!!
ウナギやマグロを、獲りすぎてはいけないように、
チケットだって、座れる分しか、買ってはいけないのです!!


そして、私よりも良いチケットを取れるって、自信がおありの方は、
ムジーク・ライゼンなんて、使わなくてよいのです!!


保険として、利用するのは、即刻、止めていただきたい。。


私は、ムジーク・ライゼンにすべてを賭して、全幅の信頼で、お任せいただいているお客様を、最優先にしたいのです。

私を信じてくださる方に、全精力と全集中力を注いで、少しでも良いチケットを差し上げたいのです。

なので、この崇高かつ、神がかっている、チケット手配の貴重な時間と人脈を、汚される方は、思い切って、手配をお断りすることにいたしました。。

将来に渡り、他のお客様へ、多大なるご迷惑となるという理由も、もちろんですが、
何より、私の魂も時間も、有限資源なのです・・・。

是非、その点を、十分に、ご理解ください。

一度、お伝えしようと思っていたので、やっと言えて、スッキリしました。

「何様だ!!」 と思われるのでしたら、それでも構いません。

まぁ、江戸前寿司かなんかの、古い大将がやってる、融通の利かない、うるさい店主の店だと思ってください。。

ムジーク・ライゼンのポリシーは、こんな感じにすることにしました。

それだけ、私は、この情熱と根性と集中力を懸けて、
皆様のご切望のチケットを、世界中から、もぎ取って来るんです。


私は、この仕事に、誇りと自信を持っています。

じゃあ、その誇りと自信は、いったい、誰のためなのかというと、
皆様の夢やお望みを叶えるためです。


その利害が一致しない方とのやり取りは、もはや労力の無駄です。。

私の魂をすり減らしてまで、そのような報われないチケットを取る必要はないと、考えるようになりました。

私も、もう若くないので、24時間365日、どんなお客様とも、全力疾走はできないのです・・・。

だいたい、手配手数料の収入による、儲けだけのために、こんな情熱的で、愛情たっぷり、忖度(そんたく)山盛り、緻密な手配なんて、できませんよ~~!!

1枚の入手にかかる、私のチケットへの執念や情熱、お客様への熱い想い、責任感、

そのために必要な膨大なスキルや情報、魂の消耗と所要時間を入れたら、

キャンセル待ちや入手困難チケットなんて、正直な所、何万あっても足りないと思う。。

それぐらいの覚悟で、私は、1枚、1枚のチケット手配を承っているっていう真実を、
何卒、ご理解いただきたいと存じます。

なので、責任を持てない手配は、ハナから断る勇気も必要だと思うようになりました。

チケット手配とは、私にとって、人生を懸けた挑戦です。。

長くなってしまい、スミマセン。。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ムジーク・ライゼン





"パリオペの来シーズンのチケット発売が始まり、所信表明というか、通達事項?!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ラベルリスト

人気記事